So-net無料ブログ作成
検索選択

『Q』 [本]

久々に本のことを。
このところ仕事がなくて(それもとても困るのですが)、この大作を一気に読むことができました。

『Q』上・下╱ルーサー・ブリセット著╱さとうななこ訳╱東京創元社
Q上下.jpg

新聞広告で見て、即買ったのですが、上下巻で2段組、各300ページ前後です。時間がないとなかなか……。

しかし、ルーサー・ブリセットって何者? 帯には「イタリア発」ってあるけれど、英語圏の名前みたいだし。「エーコの著作ではないかと話題を呼んだ」歴史エンタテインメント! イタリア好き歴史好きにはたまりません! 

訳者あとがきによると、1994年にイタリアのアーティストたちによってルーサー・ブリセット・プロジェクトというプロジェクトが立ち上げられ、それは誰でも自由に参加できるが、各人の作品を「ルーサー・ブリセット」の名前で発表することが唯一の決まりごとというものだったそうです。
実名を明かさないことで、作者名によって作品の価値が決まるという昨今の商業主義的傾向を批判するという主旨があったということです。

16世紀、ヨーロッパ。宗教改革の時代から物語は始まります。当時司教で後に枢機卿となるジョヴァンニ・ピエトロ・カラファの密偵Qがカラファに宛てた手紙(報告書)と、常に反権力に立って戦う主人公の「私」の物語と回想とが、日付と場所とともに進みます。
主人公は彼の最初の戦いである農民戦争の時に、師のトマス・ミュンツァー宛の手紙に「コヘレトーQoe`let」(ヘブライ語で「伝道者」の意)と名乗る、偽の情報で農民戦争を崩壊に導くように謀った者の存在があることを知ります。
その後、再洗礼派の戦い、イタリアでカトリックの禁書を広めることでカトリック権力に対する戦いへと進んでいくなかで、主人公はQの正体を、Qは主人公の正体をつきとめようとしていくことになるのです。
後半に入り、主人公とQの距離が徐々に近づいていくようになると、もうおもしろくて止まらなくなります。

電車内で読んでいて、何度か乗り過ごしそうになりました。
カトリック、ルター派、再洗礼派の関係、教皇とローマ皇帝カール5世、フランス王、イタリアの諸国の関係など、複雑になるところはありますが、物語には入り込めてとても面白かったです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

安田記念 [競馬]

先週は東京の春のG1ラストを飾る安田記念でしたね。しかも世界ナンバーワン、ジャスタウェイの出走! そして大好きなホエールキャプチャも出走とあってはいかないわけにはいきませんね!
先週は雨続き、しかも大雨で、1週間前のダービーとはうってかわっての不良馬場。馬も騎手もたいへんだし、予想のほうもたいへんでしたね〜。あ、予想はいつもはずれてるから変わらないか……。

この日は2歳新馬戦もはじまるということで、5Rのメイクデビューに間に合うように競馬場へ。なんとかパドック、ぎりぎり間に合いました。前日にグリーンチャンネルの競馬コンシェルジュで、古谷コンシェルジュがオギトン騎乗のプレーケストーレンを押していたので、プレーケストーレン単複と、プレーケストーレンと、パドックでかっこよかったウインエスパシオのワイド、それから名前でネブカドネザルの複勝を買ってみました。
メイクデビュー東京6月8日.jpg

うわ〜、ほんとに不良馬場、泥だらけ〜! 雨もまだ降ったりやんだりで時折かなり強く降ります。
プレーケストーレン、来なかったな。幸先悪し。

そんなこんなで、安田記念の前には2レースだけ参戦したものの、すべてはずれ。安田記念、がんばらねば!

安田記念、パドックです。
1番、グランデッツァ。都大路Sのあの圧倒的な勝利!
グランデッツァ04.jpg

2番、レッドスパーダ。京王杯の実況が「勝ったのは8歳馬、レッドスパーダ!」だったような。8歳だけどまだまだ!
レッドスパーダ04.jpg

3番、カレンブラックヒル。復活してきましたね!
カレンブラックヒル02.jpg

4番、リアルインパクト。最近マイルには出てない、か。どうだ?
リアルインパクト06.jpg

5番、エキストラエンド。穴? のりさん、先週の勢いで!
エキストラエンド01.jpg

6番、グロリアスデイズ。唯一の海外馬。道悪で有利?
グロリアスデイズ02.jpg

7番はホエールキャプチャだけど後回しみたい。
8番、ミッキーアイル。3歳馬の挑戦! やっぱりなんか顔が子ども
ミッキーアイル04.jpg

9番、ダノンシャーク。ずっと頭をぐっと下げての周回。
ダノンシャーク01.jpg

10番、ジャスタウェイ! 今週もハーツクライの子で決まり!か。目ぢからすごい。今回は柴田善臣騎手です。
ジャスタウェイ04.jpg

11番、ショウナンマイティ。去年の安田記念2着だし、どうしよう。北村宏司騎手に乗り替わり。
ショウナンマイティ02.jpg

12番、グランプリボス。なかなか厳しいかな。
グランプリボス06.jpg

13番、フィエロ。-10キロは気になるな〜。
フィエロ01.jpg

14番、クラレント。ずっと応援しているし、買いますよ〜。
クラレント03.jpg

15番、サダムパテック。目つきけわしい。
サダムパテック03.jpg

16番、トーセンラー。マイル適正ありって言ってたけど。
トーセンラー03.jpg

17番、ワールドエース。久々の白富士Sで5着、掲示板、そしてマイラーズCでどうどう1着! これはいいのでは!
ワールドエース01.jpg

そして最後に7番、ホエールキャプチャ。唯一の牝馬参戦。不良馬場だけどがんばれ〜!
ホエールキャプチャ07.jpg

以上、17頭です。
さて、馬券は。
ジャスタウェイを軸に3連複、っていうのは決めていました。で、相手ですが、ホエールキャプチャとクラレントはずっと応援しているので決まり! 迷っていたのは、グランデッツァ、ワールドエース、フィエロ、トーセンラー、エキストラエンド、ショウナンマイティあたり。
この中で、やっぱりすごいインパクトのあったグランデッツァは買いたい。ワールドエースとフィエロは前走が同じマイラーズCで、だったらワールドエースを取りたい。久々の白富士Sのときも賭けたくらいですから。
でもそれだと配当的にはおもしろくないので、あと1頭どうしよう。そこで、エキストラエンドは前3走すべて馬券圏内だし、人気も12番人気、おもしろいのでは?

ということで、ジャスタウェイを軸にホエールキャプチャ、クラレント、グランデッツァ、ワールドエース、エキストラエンドの5頭に3連複で流しました。

騎乗合図、善臣ジョッキーと須貝調教師、並んで来ました。あとで優勝ジョッキートークで聞きましたが、善臣さんと須貝調教師は競馬学校の同期だそうで。世界一の馬として、調教師も緊張するだろうな。
ジャスタウェイ07.jpg

そして結果は、ご存じのとおり、はずれ、ですな。いや、まさかのグランプリボス。しかも接戦したね〜。
しかし、ジャスタウェイ、あそこで差せるとはやっぱり強い馬ですね!
写真判定で時間がかかりましたが、ウイニングランで帰ってきたジャスタウェイ。場所がなくてこんな写真ですが、泥だらけ! 激闘の後、ですね。
ジャスタウェイ善臣01.jpg

表彰式前の撮影。
ジャスタウェイ表彰01.jpg

ジャスタウェイ表彰02.jpg

ジャスタウェイ表彰03.jpg

おめでとう! ジャスタウェイと善臣騎手。

あ〜、しかし、なんて当たらないんだろう。夏競馬で盛り返せるか?
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

日本ダービー! [競馬]

きのうは日本ダービーでしたね。あつい日でした〜、レースも気温も!

1週間前から新宿渋谷でこんなに宣伝! これは京王線改札前。
kizunaフィギュア.jpg

昨年のダービー馬、キズナのフィギュア。乗って写真撮れます。他にも新宿はFlagsビルのGAPの前にオルフェーヴルがいました。

そして、今年。やっぱりダービーですから早めに行かなければ! ということで、9時少し前に東京競馬場に到着〜。それでもすでにけっこうな人。写真の場所、あるかな? 
もちろん、パドックのいちばん前はすでにシートでびっしり。ということで、オークスと同じ場所、植え込みの周りの塀で、一段高くなってるところをキープ。
お祭りですね〜、朝からすでにビールの方々も……。熱中症には気をつけましょう!

さて、ダービーなので、さすがにパドック撮影してからでは馬券が買えそうにありません。せめて馬体重を見てから買いたいのだけど……。でも、しかたありません、先に買います。

今年のダービーはまた、いろんな馬たち人たちのストーリーが興味深かったですね。まずは、ビッグレッドファームの岡田繁幸氏の所有馬、プレイアンドリアルが出られなくなったこと。京成杯で勝って、ダービー勝利は岡田さん悲願!ということで、応援していたのですが残念でした。
そして、直前にもウインフルブルームの出走取消! 買うはずだった馬がまた! まさかという感じです。ウインフルブルームの出走取消は多くの人が馬券の見直しを迫られたのではないでしょうか。
牝馬、レッドリヴェールのダービー挑戦、蛯名騎手の初ダービー制覇なるか、大久保洋吉調教師のメジロドーベルの孫ショウナンラグーンでの最後のダービー挑戦、そしてハーツクライの子ワンアンドオンリーで挑む橋口調教師。などなど、話を聞くとそれぞれに勝ってほしいと思ってしまいます。

そんなことを思いつつ、さて、馬券。軸は大好きなワンアンドオンリーと決めてましたので、あとはどのように、どこまで買うかです。が、どう買ったかは後ほど。

パドックから紹介します〜。
1番、サウンズオブアース。
サウンズオブアース03.jpg

2番、本命!ワンアンドオンリー。
ワンアンドオンリー03.jpg

3番、マイネルフロスト。かわいい芦毛ちゃん。
マイネルフロスト02.jpg

4番、アドマイヤデウス。メンコの汗が! やはりきょうは暑い。
アドマイヤデウス02.jpg

5番、トゥザワールド。
トゥザワールド02.jpg

6番、ショウナンラグーン。
ショウナンラグーン02.jpg

7番はウインフルブルーム、出走取消、
8番、スズカデヴィアス。
スズカデヴィアス02.jpg

9番、アズマシャトル。
アズマシャトル01.jpg

10番、ベルキャニオン。どんどん大人っぽくなってきてます。
ベルキャニオン02.jpg

11番、ハギノハイブリッド。穴かと思ってたらけっこう人気に!
ハギノハイブリッド03.jpg

12番、エキマエ。ダートからの参戦!
エキマエ02.jpg

13番、イスラボニータ。貫禄あります!
イスラボニータ03.jpg

14番、タガノグランパ。きょうは菱田祐二騎手か。
タガノグランパ02.jpg

15番、サトノルパン。この日初めて小牧騎手撮れます〜!
サトノルパン04.jpg

16番、紅一点、レッドリヴェール! ああっ、細い! 体重減が心配だったの。
レッドリヴェール02.jpg

17番、トーセンスターダム。武豊騎手、ダービー6勝目なるか?
トーセンスターダム01.jpg

18番、ワールドインパクト
ワールドインパクト05.jpg

以上の17頭になります。やっぱりダービー!人が多くて、一段高い場所でだいじょうぶかと思っていたら、目の前に背の高い男性が来たのでちょっと撮る態勢が難しかったです(いい写真のない言い訳)。

本命のワンアンドオンリー、こんな感じから、
ワンアンドオンリー04.jpg

こんなんで、
ワンアンドオンリー05.jpg

ちょっと入れ込んでいるのかなと心配しました。大丈夫か?
見た感じ、イスラボニータは落ち着いているよう。皐月賞も取って2冠目がかかります。
心配していたレッドリヴェール、小さい馬なので能力はあっても体重は減っていてほしくはなかったの。しかし、-8キロの410キロです。う〜ん表情も明らかにカリカリしてる!
レッドリヴェール03.jpg

じつは馬券ですが、レッドリヴェール、牝馬だし応援してはいたけど体重減だったら買うのをやめようかと悩んでいました。でも今回は馬体重見る前に買ったから。
で、買ったのは、ちょっと恥ずかしい買い方で(情けない、かな)、ワンアンドオンリーを軸に3連複で、トゥザワールド、ベルキャニオン、ハギノハイブリッド、イスラボニータ、レッドリヴェールの5頭流し。読みとしてはトゥザワールドは買わないでおこうと思ったのですが、新聞の予想など見るとやはり押さえておくべきかと。最後の最後に出走決まったベルキャニオンもどうかと思ったのですが好きな馬だし成長分もあるかも、と。
ここまでは、それなりに情けなくはないのだけど、あと気になる馬がいまして〜。
アズマシャトル。近走は結果が出ていなかったけれど、ワンアンドオンリーが勝ったラジオNIKKEI杯の2着がやはり心に残っていて。
サトノルパン。距離が合わないと思いつつ、小牧太も応援しているので。やっと撮れたし!
サトノルパン小牧太01.jpg

そして、マイネルフロスト。芦毛のかわいい馬ですが青葉賞6着、距離が合わないかな〜と思いつつ、でも着差はそれほどでも?とか。
ということで、3連複の相手に入れるには多すぎるかな〜、と思って、この3頭は応援する意味で複勝を買ったのです。

後の祭りってこういうことですね。マイネルフロスト、3連複に入れていたら! あ〜あ。

馬券は取れなかったけれど(複勝1点は取ったか……)、ワンアンドオンリーが勝ってくれて、読みはまずまず当たってたし、よかったです。
おめでとう!ワンアンドオンリー、横山典騎手、そして橋口調教師!
ワンアンドオンリーのり01.jpg

競馬終了後のパドックでのトークで、横山典騎手、パドックで騎乗してから返し馬では馬は落ち着いていたと言ってました。パドックも見るのは難しいものですね。
のり01.jpg

余談ですが、ダービーのパドックで声を荒げている男性が。見ると、新聞を貼って場所取りをしていたところに別の男性がいるので、どいてほしいと言っているようです。荒げているのは、どいてと言われた人のほう。
ご存じとは思いますが、JRAのほうではG1デーは8レース終了後にシート等は撤去してください、と触れ回ります。もともと、パドックの柵には場所取りは禁止、みたいなことが貼り出されているので、基本、G1デーであろうが普通の競馬開催であろうが場所取りは禁止なはず。
ただ、写真を撮りたい人ならいちばん前を取りたいのはよくわかります。わたしは通常シートの場所取りはしないのですが、ダービーは不本意ながらシート貼りました。それは、わたしはひとりで行くので場所を取りたいときはずっとそこに張り付いていなければならず、普通の日ならそうしているのですが、なにせあさイチからずっとだとトイレにも行けません。なので、やむを得ず初めて場所取りをしました。
他の人たちが場所取りをするのを、最初はほんとにやめてほしいと思っていましたが、最近は場所を取るのに朝早く来て開門ダッシュをするという努力してるのだから、仕方がないと思っています。
それで、最初に戻りますと、場所を取った男性はもしかしたら開門ダッシュをしたかもしれない、もしかしたら泊まり込みまでしたのかもしれません。しかし、後から来た人もJRAが撤去しろと言っているし、悪いことをしたわけでもルール違反したわけでもありません。ちょっと剣幕がすごかったけどね。
この状況の解決方法はないものでしょうか。
個人的にいえば、場所取りをした男性は8レース(ダービーは7レース)終了後からは取った場所に張り付いているべきだったと思います。それくらいはがまんしないと。
シートの場所取りがなぜ頭に来るかというと、メインまで一度もそこに来ない人もいるようだからです。貼られてしまうと、人が来なくてもそこを踏むことを躊躇されるので、ほかのレースの馬を撮るのにも後ろから撮らなければならないということ(わたしの場合)。
前に一度、馬場のほうですが、撮りづらそうにしていたわたしに、「ここ、踏んでいいですよ」と言ってくださった人がいました。うれしかったです。
なんとかよりたくさんの撮りたい人が写真を撮れるようにできたらいいのですけどねぇ。JRAのやり方もなにか納得いかないのですが、場所取りを容認しておいて8レース後の撤去というのがいちばんよいやり方なのでしょうか。解決が難しい問題ですね。

だらだらと書きましたが、ダービーの大混雑で見た喧嘩に、いつも場所取りに思うことを書いてみました。
あ、今年のダービー、来場者数は!
来場者数.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。