So-net無料ブログ作成
検索選択

ZAZ [音楽]

ここで音楽のことを書くのがはじめてらしい。マイカテゴリーになかったから。

iPhoneアプリでClock Radioというのがあるのですが、そのアプリで「ILR *ITALIA*」という、イタリアの最近はやっている音楽を流し続けている局を仕事中などずっとかけてます。
で、気に入った曲があったら画面にミュージシャンと曲のタイトルが出るので、後でだいたいmusica italiana.comで調べることにしています。
去年の終わり頃からかな、ZAZという人の「Mi Va」という曲がよく流れて、とってもいいものだから、調べてみたのですが、musica italianaではまったく出てきませんでした。忙しかったこともあり、気にはなりつつそのままにしていたのですが、先週、別のCDを探しにタワーレコードに行ったのです。そしたら試聴のところにずらっとZAZのアルバム「ZAZ」が並んでいるではありませんか! 

zaz.jpg

あ、この人だ!とジャケットを手に取り見てみたら、歌、ぜんぶフランス語だ〜。
そう、フランス人だったからmusica italianaでは出て来なかったんですね。わたしがさがしていた「Mi Va」という曲も、フランス語の「Je Veux」という曲のイタリア語ヴァージョンでした。フランス語でもいいから、と買いました。
女性ヴォーカルってあんまり好んでは聴かないのだけれど、この人はすごい好きです!

それからネットで調べてみたら、You Tubeにもけっこう動画ありました。それに昨年のフジロックに来ていたそうで……。動画見たら、ぜひライブで聴きたいと思っていたので、来日してたとは〜! 今年は来ないかしら? 
nice!(0)  コメント(0) 

『サクリファイス』、そして『エデン』 [本]

刊行された当初から読もう読もうと思っていたのに、ずっと読んでいなかった。
理由はきっと、その時はべつのものに夢中だったとか、翻訳物がすきだからとか、いろいろあったのだろう。でも、ずっと読もうとは思っていたの。
で、春のクラシックレースも始まったことだし、いまなんかぐっとくる本がなかったということもあり、読みました、『サクリファイス』。

sacrifice.jpg

『サクリファイス』近藤史恵著 新潮文庫

いや、すごいです。って、いまさらですよね。でもほんとにおもしろかった! 本物のレースを観ているみたいでした。とはいえ、ちょっと日本のレベルではこんなこと起こるのかな?って思ったけど、じっさい分からないですからね。
しかし、ほんとによく描けていると思います。エースとアシストとの関係とか、チームの成り立ちとか、自転車レースを観ている人にはもちろんおもしろく読めますし、あまり知らない人にもちゃんと理解できるように描かれていると思います。

で、読み終えてすぐに続篇の『エデン』を買いに走りました。

eden.jpg

『エデン』近藤史恵著 新潮社

いまでこそ、新城選手や別府選手たちがいますが、この本ではツール・ド・フランスでアシストとしてすごい活躍をする日本人が主人公です。今回もまた、自転車レースの世界の裏側というか、チーム運営までもくわしく描かれています。自転車レース好きとしてはたまらないですね。これだけステージレースのことが詳しく描かれているなんて、すごいです。

今回のこの2冊はほんとに、なぜいままで読まなかったのか! という気持ちです。すぐに読んですぐに人に勧めるべき本だと思いました。
たぶん、自転車好きの人はもう読んでいると思うので、そうではない人、読んでいない人はぜひ、読んで、自転車レースの世界におこしください、っていうかんじです。奥が深いんですよ、自転車は。
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。