So-net無料ブログ作成
検索選択

『裏返しの男』 [本]

昨年後半から、自分史上最高に仕事が忙しくて、やっと今週あたりなんとか落ち着いてきたみたいな。
ここも放置して久しいので、なんか書かないとそのまま自然消滅的なことになりそうだったところ、ちょうどいちばん待ってたミステリが出たので、それから始めてみようかと。

lhommealenvers.jpg

『裏返しの男』フレッド・ヴァルガス 田中千春訳 創元推理文庫

やっと出してくれました。今回はアダムスベルグ警視シリーズです(ヴァルガスには他に「三聖人シリーズ」といのがあるのですが、どちらも好きです)。
フランスの田舎の山村で巨大な狼の歯形が残された羊の死骸が次々と発見される。村人たちが狼狩りに乗り出す中、ある牧場の女主人は、村に住むある男が狼男で、その男が犯人だと言っていた。そしてその女主人も喉に狼の噛み傷が残された死体で発見されるのである……。

とてもヨーロッパ的な題材ですね。フランスと言ってもパリとは違って、田舎では羊飼いがいて、そして狼がいる。パリの人たちは野生動物である狼の保護に賛成で、山村の近くには保護地区があるが、実際に羊が殺されてしまった村人たちにとってはなぜ保護するのか、ということになる。そして狼男の伝説がいまなお残っていて、人々を恐怖に陥れる。そういう田舎の存在がとてもよく描かれています。そしてそれをミステリにしているところが面白い。

知らなかったのですが、狼男は、表面には毛がなくて、内側に毛が生えているのだそうだ。だから、狼男だと証明するには、上から下まで切り裂いてみるのだそうです。まるで魔女裁判のようですね。

内容はもちろん詳しくは書けませんが、久しぶりに一気にのめり込んで本が読めました。楽しかった!
おすすめできる本です。

しかし、前作からけっこう長く待ちましたよ。もうちょっと待ちくたびれないくらいに次は出してほしいなぁ……。お願いします〜。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

えぬ

超久々の更新だな~~(笑)。
とにもかくにも、ブログが更新できるくらいは時間ができたということだね。お疲れさま!
お休みしてた分、これからを楽しみにしてますよ。
by えぬ (2012-02-17 00:21) 

giallo

どもども。
まだ書く元気もいまいちなんだが、ね。しかしほんとに超久々!自分で見ておどろいたよ〜。
まぁ、ぼちぼちってかんじで〜。
by giallo (2012-02-17 02:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。